低価格でPDFが簡単に価値の高い資料に変身する!!

製本して保存することにより保管・共有できる。

マニュアル本

マニュアルづくりのポイント

POINT

1

仕事の全体像が俯瞰(ふかん)できること

作業を効率的に進めるためには、仕事の全体像を把握する必要があります。

全体像とは、1.仕事の意味(仕事の位置づけ)、2.仕事全体の流れ、3.作業工程、4.求められる水準(作成時間、達成度、品質)などです。

様々な方に分かりやすいマニュアルにするために、全体像の記載が必要です。仕事の意味を理解することにより、不安なく、前向きに行動することができます。

POINT

2

判断基準が示されていること

判断基準を示すことにより、仕事の重要性が明確的になります。

例えば、「朝のミーティングが重要な仕事」についていえば、「朝のミーティングが重要」と記述すると不十分です。

形式的になりすぎてしまって行動に転化しない可能性が大きいからです。このような場合「朝のミーティングで一日の仕事の流れと自分の業務内容を確認する」というレベルで記載することが必要です。こうすればミーティングの中で具体的な行動がみえてきます。

POINT

3

目標達成までの行動レベルまで明確にすること

目標を「数値や行動レベル」で示す理由は、仕事の品質を高レベルで一定に保つためです。

「どうするか」を行動レベルで示して初めて、目標が理解され、具体的な仕事の流れをフォロー図や数値を使用して作成することにより効果的なマニュアル作成が行えます。

POINT

4

確認点が「チェックリスト」で示されていること

ミス・トラブル削減を目的として、チェックリストを作成します。チェックリストを使用することにより、仕事の手順を標準化し業務品質を安定化することが可能です。

POINT

5

ノウハウなども記載すること

ノウハウは、一人で考えるより、ペアワークやグループワークで話し合いながら意見を交換したり、共有するのが有効です。

POINT

6

クレーム・トラブルを「見える化」すること

文字化しにくい暗黙知を極力文字化しておきます。クレーム・トラブル事例などは、「事例」を記載し、印象強く「見える化」することで組織として共有します。

0985-78-2324

order@m-shikou.net

Copyright © B-PRINT. All Rights Reserved.