低価格でPDFが簡単に価値の高い資料に変身する!!

生徒のレベルに合わせたカリキュラム進行。

オリジナル問題集

オリジナル問題集みやすくなるポイント

POINT

1

揃えるられるところはすべて揃える

見やすくするための一つ目のコツは、整理整頓です。紙面に点線をイメージしながら、テキストと図をぴったり合わせるように配置すれば、ずいぶんと整理されます。少しでもずれていると、印象がよくない上、読みやすさも低下します。

POINT

2

「左揃え」を基本に考える

基本的にセンタリングは避けてレイアウトしましょう。センタリングを効果的に使うことができる場面などもありますが(1文しかない場合や一つの図しかない場合)、センタリングは、行のスタート位置がバラバラになり、段落や文章を認識しづらくなりますので、まずは基本の左揃えをお勧めします。基本は左揃えにしましょう。

POINT

3

グループを意識してレイアウトする

関連のある項目同士を相対的に近づけ、内容に即してグループ化を行なうことで、全体の構成やロジックが理解しやすくなります。関連の強い文章と写真同士を近くに配置(=グループ化)すると内容を直感的に理解しやすくなります。また、関連の弱いものは少し離して配置する(上下でスペースを取る)ことで、グループ化が強調されます。

POINT

4

余白を活用する

むやみに文字を大きくするのではなく、ゆとりをもって配置できるような文字サイズにしましょう。「文字と文字」、「文字と図」の間にはしっかりとスペースを空けましょう。余白が紙面の美しさや見やすさを演出してくれます。

POINT

5

コントラストで紙面に動きを

文字が単調に書かれていると、聞き手はどこに注目すれば良いのかわからなくなります。

しゃべるときに抑揚を付けるように、文字の視覚的な目立ちやすさも、それぞれの文や単語の重要性に応じて変えることにより格段に見やすくすることができます。

POINT

6

紙面のルートがわかりやすく

情報量が多くなる資料などの場合、受け手が読む順番を間違えないかどうかを意識しながら、読み進む順を考えながらレイアウトをして行きましょう。

0985-78-2324

order@m-shikou.net

Copyright © B-PRINT. All Rights Reserved.